works

house

  • house
  • clinic
  • shop
  • others
  • renovation
  • project
  • project

No.023 名古屋市T邸

南側に大きな擁壁と住宅、北側にも大きな住宅、東側には墓地が広がり、周囲に高低差を持つ敷地に建つこの2世帯住宅では『高さによる居室環境の変化』と『居室相互の緩やかな繋がり』を操作することで各居室が異なる質を持つ空間を作り出しています。
外部からのプライバシー確保と、内部から風景の広がりを獲得する「ひとつのBOX」と「ふたつのL字壁」によって構成され、テラスやドライエリアを介することで居室相互を分節しつつも緩やかに繋がり、空間的な変化を与えています。

photo


spec

所在地
愛知県名古屋市
竣工
2008年12月
敷地面積
189.43㎡(57.30坪)
建築面積
56.55㎡ (17.11坪)
延床面積
142.85㎡(43.21坪)
構造
RC造+木造
規模
地下1階/地上2階建
用途
専用住宅
協働設計
栗本設計所
写真
多田 ユウコ