works

house

  • house
  • clinic
  • shop
  • others
  • renovation
  • project
  • project

No.001 四日市N邸

敷地は昔、猟師町だった湾岸沿いにあります。
黒いコロニアルで構成された外壁は古い町並みにも違和感なく溶け込んでいます。「和」の雰囲気を保ちながらすっきりとした内部は鉄骨造の利点を生かし、間仕切壁がほとんどなく障子で仕切られた空間です。
LDKの空間は外観の切妻屋根の形が素直にあらわれた伸びやかな空間です。
壁、天井の仕上は漆喰の下地材を用いてコストの削減を図っています。

photo


spec

所在地
三重県四日市市
竣工
2003年8月
敷地面積
173.76㎡(52.56坪)
建築面積
65.51㎡ (19.85坪)
延床面積
116.27㎡(35.17坪)
構造
鉄骨造
規模
地上2階建
用途
専用住宅
家族構成
夫婦
担当
寺下
共同設計
丸山晴之建築事務所